受験対策

模試の判定は当てにならない?現役東大生が教える判定との向き合い方

こんにちは、現役東大生のアヅマです

いきなりですが、あなたは模試が返却されたらまず何を確認しますか?
模試の判定という人が多いはず。判定の良し悪しで進路を決める人がほとんどだと思います

しかし本当に模試の判定は当てになるのでしょうか。
「A判定だったのに落ちた、E判定だったのに受かった」なんて話耳にしたことがあるはず

今回はそんな模試の判定について説明していきたいと思います。

1、2年の模試は気にしなくていい

1、2年生の時点で受ける模試は大学入試の形式に沿ったものでないことがほとんどなので、悪い判定でも落ち込む必要はないと思います。また受験はラスト1年間で逆転合格、なんてことも多いので2年までの模試の判定は気にせず勉強するのがいいと思います。言い換えるとA判定をとっても大して意味がないということになります。

信頼できない模試

3年になると1、2年の頃とは比較にならないほど多くの模試を受ける(または受けさせられる)と思います。しかし中には当てにならない模試も多くあります。
例えばベネッセの進研模試の場合、東大受験者の大半が受けない上にそもそも大学受験をしない生徒も多く受けるため、判定はまったく当てになりません。どの高校も受けると思っていた僕は、東大入学後「進研模試って何?」「そんな模試受けたことない」という声を多く聞き衝撃を受けました。マーク模試の判定も当てにならないことが多いです。模試の判定を気にする前に信頼できる模試なのか確かめるようにしましょう。

東大模試は信用して良い

東大模試の多くは実際の入試問題を徹底的に研究し、傾向や難易度も本番に近いものになっています。また模試を受ける受験生の母集団も東大の受験者層とほぼ一致しています。これらの理由から東大模試の判定は他の模試の判定に比べかなり信頼できると言えます。ただし注意点がいくつかあります。

【高3生向け】東大模試徹底比較こんにちは、現役東大生のアヅマです。 現在、1年間に実施される模試の数は、大手予備校のものから規模の小さなものまで合わせると膨大な...

現役生は不利?

まず東大模試(特に夏の模試)では浪人生が圧倒的に有利なため現役生の判定は悪くなりがちです。塾に通っていない人であれば中高一貫の生徒でない限り模試の出題範囲を全て習い終えているという人はまずいないでしょう。一方、浪人生は全範囲の問題演習を一通り終えている人がほとんどです。したがって現役生の判定が浪人生の判定に劣るのは当然と言えます。

予備校生は有利?

いうまでもないことですが模試は東大の教授ではなく予備校の講師が作ったものです。つまり模試を主催する予備校に通っていれば模試の作問者の授業を受けることが可能なのです。すると自ずと予備校生の点数が高くなります。実際「〇〇先生の板書と同じ図が東大模試で出題された」「〇〇先生が書いたテキストと同じ問題が出た」という話を何度か耳にしました。

A判定でも危険?

模試によって多少違いますが判定ごとの合格率はAが80%以上、Bが60%以上、Cが40%以上、Dが20%以上、Eが20%未満となっています。つまりA判定の人は合格率が極めて高い。しかしA判定しか取ったことがないのに不合格だった、という話は意外によく聞きます。考えられる理由はいくつかあります。

図に乗る

A判定をとると気が緩んで勉強に対するモチベーションが下がりがちです。一方E判定を取った人は落ちるのを恐れて死に物狂いで勉強します。その結果、悪い判定をとっていた人が合格し良い判定をとっていた人が不合格になるという現象が起きます。たとえA判定をとっても「首席合格する」「数学で9割とる」といった高い目標を掲げることでモチベーションを保つことができます。

教科のバランスが悪い

たとえ模試の合計点が高くても教科ごとのバランスが悪いと本番で失敗する場合があります。極端な例を挙げると、理科I類志望で理系は抜群に得意だが文系教科は全くできない人が、理系教科が難しいと言われる東大実戦模試で数120/120、理120/120、英0/120、国0/120をとったとします。平均点が極めて低い理系教科で点を稼げているため模試の判定おそらくA判定になるでしょう。しかし2017年東大入試のように理系教科の平均点が高い場合、得意科目で差をつけられないため不合格になるということもあり得るのです。極端な易化、難化に備えてバランスよく勉強するのが無難でしょう。

まとめ

今回は模試の判定との向き合い方について説明してきました。

模試の判定はあくまで目安です。
結局、大学受験は本番で高い点数をとった人が合格するので、判定に一喜一憂することなく復習をしっかりするのが一番だと思います。