受験対策

高校理科の選択科目はどれがいい?現役東大生が物理 化学 生物 地学の特徴を紹介!

こんにちは、現役東大生のアヅマです

高校の理科には選択科目があり、大抵の高校生は物理、化学、生物、化学の4教科から2つを選ぶことになります

選択科目によって受ける試験が変わるので、なんとなくで決めてしまうと受験期に後悔するかもしれません

そこで今回は理科の選択科目について紹介していきたいと思います

それぞれの選択科目の特徴

まず、物理、化学、生物、地学の特徴を簡単に紹介していきたいと思います

物理の特徴


高校の理科と聞いて一番はじめに思いつくのは物理ではないでしょうか

理系の選択科目の中で最も数式を多く使い、理系らしい科目といえます

高校物理は力学、熱、電気、原子の4分野から成り、特に力学と電気の比重が大きいです

特徴は暗記が少なく、原理を理解すれば比較的簡単に高得点が取れること

コツを掴めば点を取りやすいが、苦手な人はとことんできない科目と言えます

もし物理を選択するつもりだが授業についていけるか心配、という方がいれば以下の記事をお読みください

【物理が苦手な人必見】現役東大生が教える効率的な物理の勉強方法こんにちは、アヅマです 今回は、センター試験で物理満点を取った僕が、受験生時代に行っていた物理の勉強法をお伝えしようと思います ...

化学の特徴


化学は選択者が最も多い科目です

理論化学、無機化学、有機化学の3分野から成り、無機は暗記多めで理論・有機は計算が多めです

暗記と計算のバランスがいい科目なので、両方できないと高得点を狙うのは難しいかもしれません

逆に暗記、計算とどちらかが苦手でも、もう一方で補うことも可能です

他の科目より実験が多く、個人的には楽しい教科でした

生物の特徴


続いて紹介するのは生物です

多くの学校では高校1年で生物基礎を勉強するので馴染み深いという人も多いのではないでしょうか

生物の特徴は暗記メインで、計算問題がほとんどないこと

計算が苦手な人には最適の教科ですが、その代わり暗記量は半端無いです

言い換えると努力が報われやすい教科と言えるでしょう

地学の特徴


最後に紹介するのは地学です

地学は地質や大気、宇宙などについて学習する科目です

他の3科目に比べて圧倒的に選択者が少ないのが特徴です

少ない理由としては地学で受験できる大学が少ないことが挙げられます

ちなみに僕が通う東大では地学受験が可能ですが、地学選択だった人はほとんど見かけません

選ぶ際のポイント・注意点

科目ごとに様々な特徴があることがわかりました。では、科目選択の際に重視すべき点は何なのでしょうか

自分の興味にあっているか

もし上記4つの選択科目に好きな科目が含まれているなら、絶対その科目を選んだ方がいいでしょう。

好きな科目なら勉強意欲が落ちることは無いですし、もし点数が悪くても後悔することは少ないからです

嫌いな科目を選んでモチベーションが下がったり、いい成績が取れなかったりしたら必ず後悔すると思います

好きな科目があれば苦しい受験勉強も多少は楽になるでしょう

ですので科目選択の最大のポイントは好きかどうかだと思います

将来使えるかどうか

特に好きな科目がないという人は、将来使えるかどうかで決めるのも一つの手でしょう。

工学部志望ならば物理、医学部なら生物を選択しておくと後で便利かもしれません

とはいえ高校と大学の勉強は全然違うので、大学で勉強し直す人もたくさんいます

勉強しやすいか

勉強しやすいかで決めるのもいいと思います

例えば地学の場合、選択者が少ないためか参考書や問題集がとても少ない

勉強のしようがないのです

そのため、よほど地学に興味がない限り地学を選択することはオススメできません

その科目で志望大学が受験できるかどうか

志望大学が自分の選択科目で受験できるか、これも重要なポイントの一つだと思います

先ほども述べましたが地学で受験できる大学は少ないです

物理と化学はほとんどの大学で受験可能ですが、生物では受験できない大学は結構あります

まだ受験する大学が決まっていない人やこれから志望大学を変える可能性のある人は物理、化学を選択するのが無難だと思います

まとめ

今回は理系の選択科目について紹介しました

それぞれの科目に特徴があるので、よく考えた上で選択するのがいいでしょう

以上、アヅマでした

理系生徒が選ぶべき社会の選択科目はどれ?東大生が徹底解説こんにちは、現役東大生のアヅマです 今回は理系生向けに社会の選択科目の紹介をしていきたいと思います 皆さんはセンター試験で受...